ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成セミナー                    ~iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety5.0の世界 in 大阪~ | 2018年10月18日(木) 14時30分~17時30分 | イベント・セミナー | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ

ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成セミナー                    ~iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety5.0の世界 in 大阪~

ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成セミナー                    ~iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety5.0の世界 in 大阪~開催のお知らせ

ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成セミナー                    ~iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety5.0の世界 in 大阪~

『ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成セミナー ~iCD & ITSS+で人材戦略強化、目指せSociety5.0の世界 in 大阪~』

主 催:特定非営利活動法人スキル標準ユーザー協会(SSUG)
後 援:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
    :一般財団法人関西情報センター(KIIS) 
    :公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)
    :一般社団法人京都府情報産業協会

独立行政法人情報処理推進機構が公開した「iコンピテンシ ディクショナリ」(以下、iCD)の概要・構造を解説し、目的に応じた人材育成の仕組み作りを実践されている企業の活用事例を紹介します。iCDの活用に取り組んでいる企業を対象に創設した「iCD活用企業認証制度」を分かりやすく説明します。

■このセミナーは、iCD活用認証制度の「Blue」認証付与の対象セミナーとなります。
 社内にiCD導入を検討している企業の方もぜひこの機会にご参加ください。

イベント開催要項

開催日付 2018年10月18日(木) 14時30分~17時30分
(14時00分より受付開始)
開催場所 ツイン21MIDタワー20階9会議室
所在地 大阪府大阪市中央城見2-1-61[地図]
アクセス 大阪ビジネスパーク駅 4番出口 徒歩3分
(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線)
定員 130名
申込期限 2018年10月17日(水) 
参加資格 オープン
参加費用 無料(事前登録制)
募集状況 終了

プログラム

14:40~ ”Society 5.0に向けたDXの推進 ~企業価値を高めるために、iCD & ITSS+をどのように活用するか"
特定非営利活動法人スキル標準ユーザー協会(SSUG)
専務理事 高橋 秀典

Society 5.0の世界がいよいよ現実となりつつあり、目覚ましく環境が変化する中、ますます重要となる人材について、如何に対応していくか。企業に突きつけられた大きな課題です。本講演では、Society 5.0とは何か、iCDやITSS+をどう使っていくかを分かり易く説明します。また、ITリテラシー標準の概要についてもお話しいたします。
15:50~ 「iCD活用による人材育成への取組み ー 活力ある人と組織を目指して ー」
カシオ計算機株式会社
情報開発部
国吉 典仁 氏

当部門では組織風土改革に取り組むなか、iコンピテンシディクショナリを知り、2016年8月から適用に向けた取り組みを開始しました。2017年度より役割に基づくタスク診断の導入と、診断結果から一人ひとりの育成計画を遂行する新たな人材育成プロセスをスタートしております。風土改革によるメンバーのマインド醸成と共に「活力ある人づくり/組織づくり」を目指した、iCDの活用事例を紹介します。
16:50~ 「『iCD & ITSS+ 最大活用』~iCD & ITSS+を活用した人材育成ソリューション ~」
株式会社エス・アイ・エス
東京事業部 営業グループ
小島 明 氏

iCDを活用してスキル標準を導入してもそのPDCAを確実にかつ正確に回す必要があります。その受け皿として人材育成ツール(SSI-iCD)を活用することが最も効果的で効率的です。パワーアップしたSSI-iCDにてiCD & ITSS+ を最大限活かす方法をご紹介します。

このイベントのお問い合わせ

スキル標準ユーザー協会・セミナー事務局へのお問い合わせ
このページの先頭へ トップページへ

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。

iCD活用ワークショップ・参加者の声

当協会のiCD活用ワークショップに参加した皆様の感想などを紹介します。