スキル標準ユーザー協会 公式サイト | スキル標準ユーザー協会は高度IT人材の育成に向け、iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)を活用したスキル標準の普及と促進を目指します。

文字の大きさ
スキル標準ユーザー協会は、高度IT人材の育成に向け、ITエリアのスキル標準(ITSS・UISS・ETSS)の普及と促進を目指しています。

スキル標準関連ニュース

18.01.05
【IPA】iCDに関する論文(英文)が世界的なカンファレンスに採択されました
IPAはこのたび、米国IEEE-Education Society(以下IEEE-ES)が主催する下記カンファレンスにiCDに関する論文(英文)を投稿、内容が高く評価され、採択されました(採択された論文は当カンファレンスにおいてプレゼンテーションを行うことになります)。
17.06.20
IPA 【i コンピテンシ ディクショナリ2017の公開】
2017年6月20日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、「 i コンピテンシ・ディクショナリ2017」が公開されました。
14.07.31
IPA 【 i コンピテンシ・ディクショナリの公開】
2014年7月31日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、「 i コンピテンシ・ディクショナリ」(試用版)が公開されました。
14.06.16
IPA 【海外との相互認証についてのご紹介】
 独立行政法人情報処理推進機構では、情報処理技術者試験をアジア諸国に展開されています。  システム開発のオフショア先選定はもちろん、アジア各国におけるシステム開発人材や企業の調達に有効活用できる制度(法務省が合格者に日本在留資格の特例事項)等も用意されております。 詳細は・・・・・・  また、合わせて、「IT Leaders」関連記事をご参照ください。
14.02.02
IPA 【「スキル標準の在り方に関する研究会」第1回の発表資料の公開】
独立行政法人、情報処理推進機構(以下、IPA)から「スキル標準の在り方に関する研究会」第1回の発表資料が公開されました。

協会からのお知らせ

18.07.06
「 i コンピテンシ ディクショナリ」活用セミナー開催のお知らせ
当協会では、「i コンピテンシ ディクショナリ」の概要・構造、利活用方法の解説、およびiCD活用してIT人材育成・組織力強化を実践されている事例企業の紹介で構成したセミナーを下記地域で開催します。 各会場のリンク先より申込みが可能です。 ◆iCD活用認証制度の「Blue」認証付与の対象セミナーとなります。    ■大 阪 2018年10月18日(木) お申込みは、こちらからとなります。 ■大 宮 2018年11月01日(木) お申込みは、こちらからとなります。 ■札 幌 2018年11月15日(木) お申込みは、こちらからとなります。 ■岡 山 2018年11月29日(木) お申込みは、こちらからとなります。
18.06.07
iCD活用認証企業名を更新
「iCD活用企業認証制度」の認証企業一覧を更新いたしました。
18.05.16
スキル標準ユーザー協会の活動継続について
スキル標準ユーザー協会の活動継続について
17.10.12
【大盛況にて終了】11月29日(水)スキル標準ユーザーズカンファレンス2018
「スキル標準ユーザーズカンファレンス2018」のご参加申し込み登録を開始しました。  ITユーザー企業・子会社、ITベンダ、教育ベンダー、学校関係者の人材育成・教育、人事部門の皆様に極めて有益な情報を提供いたします。  開始と同時に多くの皆様の登録をいただきありがとうございます。 ※詳細はこちら
17.06.28
【盛況にて終了】「 i コンピテンシ ディクショナリ」活用セミナーのお知らせ
当協会では、「i コンピテンシ ディクショナリ」の概要・構造、利活用方法の解説、およびiCD活用してIT人材育成・組織力強化を実践されている事例企業の紹介で構成したセミナーを下記地域で開催します。 各会場のリンク先より申込みが可能です。 ◆iCD活用認証制度の「Blue」認証付与の対象セミナーとなります。    ■仙 台 2017/09/01(金)  (終了) ■大 宮 2017/09/15(金)   (終了) ■岡 山 2017/09/22(金)   (終了) ■京 都 2017/10/13(金)   (終了) ■沖 縄 2017/10/19(木)    (終了) ■札 幌 2017/10/26(木)   (終了)

入会のご案内

現在、当協会の活動にご賛同・ご支援いただける会員様を募集しています。
ご入会をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください

当協会の活動継続について

今後、当協会では
  • ・iCDの普及
  • ・新スキル標準(ITSS+)における
     新しい人材・スキル領域の具現化
を推進するために貢献活動を継続いたします。